1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/02/14(水) 18:38:58
http://japan.techinsight.jp/2018/02/ellis05530212.html
8569fb7b-s.jpg
メアリーさんは(略)医師からは末期の腎臓病で余命数か月と診断された。(略)唯一の救いは腎臓移植だった(略)サイモンさんは自分がメアリーさんのドナーとして適合しているか検査を受けることにした。そして幸運にも適合していることが判明したのだ。その後は何か月にも及ぶ審査を経て、2人は手術を行った。それからは互いの容態が回復するまでサポートし合いながら生活した。

愛する人に腎臓を提供するという決断が背中を押したのだろう。ある夜、サイモンさんは勇気を出してメアリーさんにプロポーズをした。ところがメアリーさんから断られてしまった。

「私が最悪な状況に陥ったのを知っていて、それでもプロポーズしてくれたことを本当に嬉しく思いました。でも、『考えておくわ』と言ってやんわりと断ったんです。もし私たちが結婚したら、きっと私たちの特別な友情が壊れてしまうとも思いました。(略)サイモンが私にしてくれたことは、もしかしたら彼の命をも奪いかねないことだったのです。私たちの間にある愛は本物です。」

引用元: http://girlschannel.net/topics/1541134

続きはこちらからどうぞ