1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/05/31(木) 16:33:14
http://news.livedoor.com/article/detail/14788685/ アナログのインスタントカメラ「チェキ」が大復活を遂げている。「かわいい雑貨」としてのプロモーションを強化した結果、ブームになった。たったひとつだけの写真という特別感を伴うとして、若者に支持されている
現在のチェキは、誕生日や結婚式などのパーティーやイベントで活用されているほか、富士フイルムの公式サイトでは、「余白に一言を書いてメッセージカードとして活用する」、「デコレーションしたチェキを本のしおりにする」、「しまってある靴の箱に、その中身を写したチェキを貼って整理」といった多様な用途を紹介している。

さらにチェキの再ヒットの要因としてしばしば指摘されるのが、フィルム写真ならではの風合いや、何度も撮り直しができないことなど、“アナログ”であるインスタントカメラの制約ともいえる特性が価値として評価された点である。

「紙の写真をその場で手に取って見ることができる」「現像されるまで仕上がりがわからない」「焼き増しができない」といったインスタントカメラの特性が、たったひとつだけの写真という特別感をともなうものとして、新鮮に受け止められたことが、再ヒットを支えている。

048f1d4a-s.jpg

引用元: http://girlschannel.net/topics/1666416

続きはこちらからどうぞ