1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/01/10(木) 13:11:51.24 ID:hnJmRe3m0.net
f8eb5415-s.jpg

今日(米国時間1/8)、ラスベガスで開幕したCESでIBMは世界で初となる実験室の外で稼働する
商用量子コンピューターを発表した。

このIBM Qシステムには20Qbitの量子コンピューターと伝統的なコンピューターが統合されている。
ビジネス、研究の双方で、従来のコンピューターとほぼ同様にアプリケーションを作動させることができる。
物理的にはまだ相当にかさばるシステムだが、量子コンピューター部分の冷却システムを始め、
利用に必要なすべてのハードウェアがパッケージに含まれているとう。

IBMは発表にあたって「作動に必要なすべての要素を統合した初の汎用量子コンピューター」だと強調した。
もちろん 20Qbitというのは量子コンピューターとしてはきわめて小規模であり、量子コンピューターが
必要とされる典型的に困難な課題を解くにはまったく力不足だ。
このシステムのQbitの持続時間は100マイクロ秒レベルだという。

IBM が「現在のコンピューター・テクノロジーでは計算が困難と考えられている課題を解決するための
第一歩が踏み出された」とパイオニアとしての意義を強調するのは無理ない。ある種の問題は規模の
拡大と共に指数関数的に計算量が爆発し、現行のコンピューター・システムでは実用的な時間内でも
処理が不可能となる。量子もつれを利用した量子コンピューターではネックが一挙に解消されると期待されている。

ただしわれわれはまだそこまで来ているわけではない。
そうではあるが、このシステムは第一歩ではある。IBMはシステムは将来アップグレードできるし、
メンテナンスが容易であると述べた。

https://jp.techcrunch.com/2019/01/09/2019-01-08-ibm-unveils-its-first-commercial-quantum-computer/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547093511/

続きはこちらからどうぞ