1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/07/14(土) 07:53:56.44 ID:dQqoe4U4r.net
西日本と東日本では、今月下旬にかけて最高気温が35度以上の猛暑日が続くなど
、気温のかなり高い状態がしばらく続くおそれがあるとして、気象庁が異例の臨時記者会見を行い、注意を呼びかけました。

「西日本と東日本では7月下旬にかけて、気温のかなり高い状態が続き、最高気温が35度以上の猛暑日が続くところがある見込み」(気象庁 竹川元章 予報官)

気象庁は13日、午後2時半から臨時の記者会見を行い、西日本と東日本では、今月下旬にかけて気温のかなり高い状態が続くおそれがあるとして、
熱中症などに対する注意を呼びかけました。山梨県や群馬県、埼玉県などでは、一部の地域で最高気温が40度台に達する可能性もあるとしています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180714-00000010-jnn-soci

115ba6e5-s.jpg

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1531522436/

続きはこちらからどうぞ