44e2691d

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/10/18(木) 09:38:30.33 ID:ID:Xh+/RQLb0.net

新たに承認された皮膚炎治療薬に思わぬ発毛効果。全頭性脱毛症の少女の髪の毛が劇的に生える(米研究)
http://karapaia.com/archives/52266386.html

 新開発の皮膚炎の治療薬に意外な効果が隠されていた。長い間。全頭性脱毛症を患っていた
ある少女の髪の毛が劇的に生えてきたのだ。
 治療にあたった医師らは、なぜ生えてきたのか原因を突き止めることができていないが、
この副作用がほかの人でも同様に現れるのなら、自己免疫疾患による脱毛症の
待望の治療薬が開発されるかもしれない。

 新たに承認された皮膚炎治療薬

 この少女は2歳のときから髪がなかった。これまでどんな薬を試しても
髪の毛に対する効果が得られなかった。
 ところが、2017年米国食品医薬品局で新たに認可された、アトピー性皮膚炎のような
ひどい皮膚炎を緩和する治療薬デュピルマブ(Dupilumab)を使用したところ、
思わぬ発毛効果が得られたという。
bd7f2ef5-s.jpg

予期せぬ発毛効果

 アトピー性皮膚炎患者は自己免疫疾患になりやすく、自分自身の正常な細胞や
組織にまで過剰に反応し攻撃を加えてしまう。
 それは健康な毛包に及ぶこともあり、これまでの研究では、アトピー性皮膚炎と
全頭性脱毛症に関係があることや、皮膚炎のある人は、禿げやすいことが明らかになっていた。
 しかし、それらが関係している疾患なのだとしても、一方に対する治療薬が
他方に効くとは限らない。
 今回の患者は現在13歳で、生後7ヶ月のときから過剰な反応を示す免疫系を抑えるために、
いくつもの薬を服用してきた経歴がある。しかし、そのような努力にもかかわらず、
思うような効果は得られなかった。

(中略)

 7ヶ月後、産毛は色素がつくまで成長した。
 そして11か月後、ほぼ頭全体から毛髪が生えてきた。
676915ce-s.jpg
 毛が生えた原因はデュピルマブだと考えられた。なぜなら、保険の都合で
しばらく投薬が中断されると、新しく生えてきた毛が抜け始めたからだ。
(以下略)

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539823110/

続きはこちらからどうぞ